体内型生ごみ処理機

無事実家から帰宅し、休み明け3日目にしてまた休日だったので元気があって、朝からコンタクトレンズの度数を調べに眼科に言ったり、ZARAH&Mをはしごして日常生活で必要な衣服を買ったりした。お金がないからだけど買い物でストレス発散ということには一切ならず、昨日も今日買い物に行こうと決めて寝たら買いしてお金がなくなって大変困る夢を見た。貧乏性なのではなく、ただ貧乏だからだと思う。お金あったら高くていい服買う。仕事が始まってから夜うまく眠れないことが多く、夜中に何度も起きたり現実的なことの起こる微妙な悪夢を見て飛び起きたりしている。

質問箱を開設しました、自己満足のために。

前回の記事で書いた私がセクハラをされた相手の1人は大学のサークルに音楽を教えに来ていたジジイだったのだけど、私が当時付き合っていた人も同じサークルでジジイに教わっていたので、私に対してのセクハラ事実があったことを伝えたら何かしらの行動を起こしてくれるというような期待があったのに、当時の交際相手は本当に文字通りなんっっっにもしなくて、私に気をつけなねみたいなこと言ったあと何事もなかったかのようにジジイに音楽を教わり、楽しそうに話し、関わり続けていたのを見て、幻滅以外の何も感じなかった。

好きじゃないのに付き合ったり、付き合っているからって無駄に期待感を持ったりしていたのが良くなかったのでしょうけど、当時付き合っていた相手も、私のこと好きなんじゃなくて、私と付き合ってる自分が好きだったんじゃないかと思う。私はセクハラされたあと、自分が性的なシンボルであることが許せなくなって髪をへんなマッシュルームみたいなカットにしたし、へんな髪にした理由も彼氏には伝えていたのに普通に「髪短いのもエロい」とか言ってセックスしようとしてきたの考えたらマジでムカついてきた。私のことなんっっっにもわかってなかった。イライラしたので振った。このこと嫌すぎて5年くらい思い出せなかった。そういう私を大切に扱わない相手を間近で見たせいで、私はサークルの他の人たちにセクハラについて話すことがずいぶんできなかった。話せたとしてもネタみたいな感じでヘラヘラした様子で話した。直接弟子みたいな感じでジジイと関わっていた同期にはずっと言えなかったのだけど、友だち経由でセクハラされた事実がわかってしまったときに、当時は同期にバレた!ということで大変に気持ちが落ち着かず友だちに「なんで言ったの!!!」と言って大泣きしていたのだけど、同期はめちゃくちゃ怒ってくれて、クソジジイをサークルから追い出すということや誰にも連絡を取らせないということを約束してくれたのだった。彼らから私を責める言葉が一言もなかったことでようやく救済されたような感じがした。実際の出来事から1年半くらい経っていた。このことも整理がつかなかったことでここ4年くらい一切思い出すことはなかった。

私の小学校にあったコンポストは、生ゴミを入れて蓋をしてそれからしばらくずっと放置しておくと腐敗が進んでやがて生ゴミが土に変わっていくというものだった。私の生ゴミみたいな感情も、整理がつかない状態で放置している間に、また違う出来事が起きてしまい処理が一切追いつかずまたそれも放置してきたのを全部、汚いコンポストに詰め込んできた。最近しばらく前のことを思い出すことが多いのは、生ゴミみたいな感情がおおよそ腐敗して無害な土に変わってきたからなのかもしれない。コンポストから出てきた土が実際に使われていたかどうか、また使える土なのかどうかは知らないけれど、とにかく悪臭を放ったりはしない土塊になったのはよかった。

セクハラの話、客観的な立場から感情的にならず適切な距離感で話せるようになってきたので、話していきたいと思うのだけれど、セクハラは私のアイデンティティの一部には決してなっていないということは知っておいてほしいと思います。たしかにセクハラとかいうコンテンツは皆の関心をひきつけるだろうけれど、私はセクハラされていなければもっと音楽ができたし、セクハラされない人生はセクハラの辛さはわからないだろうけどそんな辛さは私の人生にとって全く必要のないものだったとここに断言できる。人の憎しみや醜悪さを教えてくれたのは感謝するけどそんなのは別に小説を読めばわかるんだから実体験する必要はないよね。私はもう体の中にコンポストをつくるつもりはないし、仮に再びそういうことがあったら腐った悪臭のする生ゴミを相手の体の穴という穴に詰め込んであげるっていうそういうつもり。

 

 

 

練習中のバラード

ようっっやくあと1日で今年の仕事が終わりになるぞ!やったー!と思っていたのがずいぶん昔のことみたいだ。実家に滞在すると時間感覚がおかしくなる。田舎時間なのか、一日一日の実感がなくなり、川の水が流れるように時が過ぎていく。

年末に26歳の誕生日でしたがなんか全然恋人に祝う気持ちなくて適当な残り物が台所に放置されていたのをみて、最近ほぼ禁酒していたのにまったく、マイヤーズのジンジャー割りをがぶがぶ飲んだらめちゃくちゃうまかった。自作の適当なラムバックを飲みながら大学の頃、誕生日にセクハラされたことを翌日大学の友人たちに伝えると、夕方授業が終わると突然ディズニーランド行くぞって言って4人でディズニーランドに行ったことを思い出していた。クリスマスの後で正月の前の平日の夕方から夜にかけて、全然人がいないディズニーランドでイッツアスモールワールドの船を4人貸し切り状態でめちゃくちゃはしゃいで乗ったのを思い出して、あの時のようなときのことを私は幸せだと思うのだなと思った(かといって、彼らと今でも連絡を取り合っているかというとそうではない)。会社では仕事のできる先輩が先週ディズニーシーでサプライズプロポーズされたとのことで、嬉しそうでたいへん機嫌がよく、帰りの電車で私のこともたくさん褒めてくれた。彼女の友人でもある私の会社の幹事に「あなたが無能の女に負けずよくやっていることを飲みながら伝えておいたから!」と言ってくれたので、彼女の機嫌の良さを差し引いてもうれしかった。この前ティーンズにあったときに私の恋人について、「『たとえば数年先に別れたり捨てられたりしたときに、恋人に費やした私のあの時間は何だったのかしら』ってならないのだったら良いのだけど」と言われたことを思い出す。そういう後悔はおそらくあるだろうと思うけれど、今現在、恋人よりも私を大切に扱う人はいないし、実際ほかのみなは自分のことが一番大切。年末にアフリカで一番強いさんと通話した。私について、幸せな家庭で幸せにされてきた人と評価していてそれはまあそうなのかもしれないな。アフリカで一番強いさんは圧倒的に愛される経験が足りてなかったと思う。人に大切にされてほしい。

実家では当初のお望みどおりテレビをたくさんみている。私はオードリーが好きなのだけれど、テレビで動いている様子をみたら若林より圧倒的に春日が好きなことに気づいてしまいどぎまぎしてしまった。ふつうに春日とセックスしたい。そういう気持ちを昇華させてピアノの練習してるといい感じになれました。セックスや恋愛、誰でもできる特別体験だからみんな大好きだけど、そこには救済はないよねっていうのをこの前新国でやってたスカイライトをみて思いました、なので私は一人で楽器を練習していきたいです。もっとも私はブランクがありすぎて手がすぐ疲れてしまうのだけど…。

回想

今年もお世話になりありがとうございました。pajamajpはもうすっかり年の瀬気分で、来週まで仕事が続くことが考えられないくらい、正月を寝てすごすことが楽しみ〜。通常テレビが自宅にないので実家に帰ってお笑いネタ番組を延々と見続けることが一年の中でクリスマスよりも楽しみな行事なのです。とはいえ今日は微熱と鼻水とにやられ、仕事が暇だったので会社を休んでこうしてぼーっとしている。母とたまたま連絡を取っていて体調が悪いことを伝えたら「妊娠したの?」と聞いてきて最悪だった。もう子宮とろうかな。

仕事、宝くじがあたって、奨学金を返済できたらやめますと宣言してある。全然やる気なくて、キャリアアップとか、仕事にあたっての勉強とか(最低限のことはもちろんやるけど)自発的にやりたいと感じることが一切ない。仕事のできる先輩はやめて同業他社に行くということで一緒に来ないかと引き抜かれそうになったが、場所が遠いのと、就業時間が長いのでやめた。仕事のできない先輩は就業中に会社の名を語って自己満ブログを書いている。レイアウトがゴミなのと、内容がまとめブログ並に薄いのとで全くヒットしておらず、上司からは金にならないのでやめろと言われているもめげずに頑張っている様子。私は個人的にやや昇給したので、会社ではやや落ち着いている。

ブログ毎週書くぞと言った瞬間かけなくなって早1ヶ月。一体なにをしていたのだろうと思ったけどクソみたいなことしかなくて、思い出すのも嫌だしとりあえず黙っておこう。ありがたいことに私に興味を持ってくれたアフリカで一番強いさんと、電話する予定がこの前休日に立っていたのを楽しみにしていたのに、私の鼻水が止まらなくなってしまい、ビデオ通話でないにしてもさすがに鼻栓したまま通話するのいやだなと思って延期してもらった。それに伴って日曜の親戚の子供のピアノの発表会も行けなくなってしまった。親戚の子供は双子で私の上京時に震災で家が決まらず居候していたときに同居していた。保育園に行くちびっこだったのにもう6年生になっていて時の流れの早さを感じざるを得ないね(たまに「〇〇せざるおえない」ってなってる人みるたびにめちゃわらってる)。家で寝ていたら親戚からラインで動画が送られてきていて、片方はただの音の羅列でお世辞にもうまいといえなかったのだけど、片方は同じ環境下でこんなに?!と思うほど情感がこもってて上手だった。一卵性双生児だけど、前者は社交的で愛想が良くて見た目もかわいい、後者は内向的でやや寡黙で人見知りで地味。萩尾望都の半神をおもいだす。とくに一人でやる音楽自分との対話みたいなところも多いので内省できる人のほうがやりやすいのかな、という考察。

前回の記事で上げていた大学の先輩の結婚式だが、以前セクハラを受けたジジイ共が来る可能性も無きにしもあらずであることに思い至って行くのをやめた。まだ断っていないのだけど、いつになったらセクハラジジイどもの呪いから解放されるのか不明。じいさんたちが死ねば私も解放されるだろうからはやくしなないかな?セクハラされただけでこんなに呪われるんだから、強姦経験のある人とか私なんかよりももっともっと憎しみを持つだろうな、まあこれは、比較してもどうしようもないことなのだけど…。私は次性的に搾取されることがあったらその相手を殺す(肉体的なのか・社会的なのかは未定だけど)という確たる自信がある。よく性犯罪おじさんをレンガなどの鈍器で殴りまくるイメージを満員電車の中でしている。まあ実際に殴るのはよくないのだけど、イメージは自由だ。仮に思想警察がいたら私は捕まってしまうかもしれないね。前回のブログに書いた私の友人とはまだ連絡を取っていないものの、以前この世から理性を失って性犯罪に走るクソ野郎を法によって駆逐してやると言っていて頼もしい。私が一番好きな本はクッツェーの恥辱であることをみなさんには知っておいてほしい。

このまえ会った、キリスト教系の園に通う子どもが、「かみさま」のことを「かめさん」だと思っていて、十字架にはかめさんがいるということを教えてくれた。信仰とは一体?私はテッド・チャンの『地獄とは神の不在なり』を思い出していた。

 

半神 (小学館文庫)

半神 (小学館文庫)

 

 

恥辱 (ハヤカワepi文庫)

恥辱 (ハヤカワepi文庫)

 

 

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

 

あなたの人生の物語の、このださいへんな装丁やめてほしい。

それでも、生きてゆく

仕事が終わって携帯を見たら大学の先輩から結婚式後のパーティーの連絡が来ていた。その日は仕事で、出席するなら調整をしなくてはな、と思いつつあまりの写真のファンシーさに圧倒されてまだ返事を返していない。返さなければならない返事を返していないときの妙な焦りや気持ち悪さってなにかいい言葉で表せないかな?余裕があるときに返そうと思ってそのまま放置してしまうことが多いのだけど、余裕があるときって一体いつなんだ?

そういえば高校のときの唯一の友人と今年の2月に会う約束をしていて結局私がドタキャンしてしまったのが本当に申し訳なくてそれから連絡が取れていない。この前@n_hayatoさんとあったときにこの話をしたら今すぐにでも連絡を取ったほうがいいと言っていたがマジでそのとおりだと思う。しかしどうしてこんなに連絡を取ることが億劫で勇気のいることなのでしょうか…。彼は高校のクラスメイトで、頭が良くて、性格が悪いことで有名だった。くじ運がすごくて一年の3分の2くらいは隣の席にあたるという運命的な出会いを果たしていたのだけど、クラスでは卒業式まで業務連絡以外のまともな会話をしたことがなかった。私はその頃女子からリカちゃん人形のように好き勝手扱われていて、静かにニコニコ皆の話を聞いていたのを彼に傍からよく見られていた。上京してから共通の友人を介して会うことになるまで特段興味がなかったが、吉祥寺のファミレスで会った私達は早々に眠り込んだ友人を尻目に、夜が明けるまで話し込んだのだった。私は話していないだけで性格が同じくらい悪いことはすでにバレており「お前人形扱いされるとき目が笑ってないよな」と指摘されたときは相手の洞察に驚いた。こんなふうに書くとカラフル青春時代みたいだ、けれどお互いに一切恋愛感情と性欲がなくて、飯食って家行ってアニメかAVかドラマ見て話し込んで朝帰るみたいなめちゃくちゃなことやっていた。男女の友情は成立するかとかいう永遠のテーマも、少なくとも私たちの間では成立していたと確信を持って言える、のにずいぶん長く会ってないな。私に余裕がないからだ。人と会うスパンが長ければ長いほどその期間の話をお互いにしなければならない気持ちになってしまい、実際に会ってしまえばそんなことはないのに、会う前日には緊張したり憂鬱になったりするのがだるい、そういうときってみなさんどうしてるんでしょう?私がドタキャンした謝罪もしなきゃいけないし、そういうのは手土産で相殺できればいいシステムになってほしい。

手土産といえば有用な情報をここに。芋嫌いな私が好きな、芋情報です。糖質オフやめろ。

http://www.imokin.co.jp/blog/1210.html

このブログのやつは美味いので日本橋へ行った際には買って食べてください。揚げたての芋けんぴもおすすめ。

度々このブログにも書いてる会社の先輩が、資格職として働いていることに誇りを抱いているのは勝手なのですが、何らかの資格を持っているがその資格を要する職に就いていない人(つまり私)はその資格職への素養がないんだと滔々と語っていて、その偏見と先入観に塗れたあなたのそれって侮辱では?とじわじわムカついてきた。ああ、やなやつと毎日顔を合わせておいて長年の友人を放置することの罪深さよ。

卑屈5点セット

ガンダムの新作の絵コンテだか台本だかをみて、富野由悠季はガチギレしてその場で台本を破り捨てたらしい。なぜなら30年も昔にやった、ガンダムが盗まれたりコロニーを落としたりするシーンを、2018年の新作でまーたやっているからだ。懐古主義で新しいものを受け入れられず、ずっと同じAVでオナるみたいな受け手のオタクが、お前らはこういうのが好きなんだろってものを与えられてまんまと喜んでる。精神的に向上心のないものはばかだよ。

 

・会社でお茶だし廃止運動をしている。いつ飲めばいいかわからないお茶を女性が出さなくてはいけない形式がクソだから。セルフサービスにして飲みたい人が好きなボタンを押して飲むみたいにしてほしい。形式的なマナーや形骸化したルールを全廃したいしそういう無駄なのは文化として記述して後世に残して、現実ではやめればいい。しかし実際そうもいかず(お茶だし廃止運動は浸透していないしセルフサービスのお茶の機械がないので)、私はお茶だしを未だにやってるんですよって話を@n_hayatoさんと溝の口へ焼き肉に行ったときにしたらなんかめちゃくちゃウケていた。私はいたって真面目ですよ。溝の口の焼き肉屋にはいかついイッ○コムの施工業者のグループがいて、20代後半くらいのお兄さんがめちゃくちゃでかい声で先輩を持ち上げたり後輩に説教したり自分語りしたりしていたのが聞けたのがよかった。一生関わらないであろう人の個人的な人生の話を遠目から聞いていろいろ思うのが結構好きでよくやってしまうけれど、自分がされたらめちゃくちゃ嫌だ。n_hayatoさんとはインターネットで知り合って5,6年経っていて近年の私の人生の出来事についてよく知っている。最近の私の卑屈が増してることと私の友だちがいない原因は私が攻撃してくるように見えるからだということを言っていた。私は攻撃する気持ちは一切なくて、むしろだいたいが自分への防衛なのだが、たしかにそういう発言をしてしまうことが多い。インターネットではよなかさんが同級生と旅行に行ったときの話をしていたが、好意的でない相手と二人で長時間過ごすことにに耐えられる人はすごいなと感心していた。私は(金銭が発生しないかぎり)精神的に苦痛を感じる相手と何かすることを原則取りやめていて、事情があってそういう人と関わる場合は自分が嫌だと思っていることを相手に言ってしまうか帰宅する、傷つきたくないので。「あなたはなにしに上京したんですか?孤独を求めに東京へ?」と、”YOUは何しに日本へ?”のテンションで言われてしまったが、あながち間違いではなかった。

 

・会社の先輩の試験結果の発表が近づいてきていて、また結果についての女同士の牽制球の投げ合いが始まるかと思うとマジで吐き気がする。すごい、本物の野球みたいに迫力満点!目の前で繰り広げられる攻防戦、プライドだけが高い女たちの気を使いあった争いほど醜いものはない。高校生のときの頭の良い友人の、全然勉強してないと言っていつも試験結果が良いのと同じことをもう10年以上経っていてもまだやっているんだろう。別にマウンティングゴリラが嫌いってわけじゃなくて、私は自慢は自慢でいいと思うので、牽制球やめて直球で、いやせめて変化球でやってくれと思う。なぜならそうしないと試合が進まないんだからさあ。

 

・忘年会シーズンがやってきて、高校のときの同窓会のお知らせがきていた。一度も行ったことがなかったので去年か一昨年母に強く勧められて行ったが、もう行かないだろう。高校のときの同級生が今どこで何してるか一切興味ない。あとこの前の会で同級生が同級生の男を田舎で食い散らかしているみたいな話聞いてマジで胸糞悪くなった。そういう奴が決まって教員なのはなんなんだ?みな色恋以外の有意義な話ししてほしい。

 

・ドイツへ行った友人と通話した。@n_hayatoさんが彼女について常々「いい男に抱かれてほしい」と言っていることを伝えると「それ以外ないの?」とコメントしていたのがよかった。精神的に向上心のないものはばか、呪いのように常に私の頭の中にあるしばかになりたくない、絶対に理性を保って生きていきたい。

 

 

 

夢の中まで君を

あ〜もう、疲労っすねこれは。先週世の中のよしなしごとに関して全てムカつくのはなんとか一旦落ち着けたのですけど、結局落ち着けても落ち着けてもどんどん新しい出来事が起きてムカつく悪循環から逃れられないの、つまるところ私に余裕がないからでは?単純に疲れてる感じする。酒、以前は平日でもめちゃくちゃ飲んでいたのだけど、最近次の日のこと考えると気持ち悪くなることが多くなってしまったことで飲みすぎないようにしてるしストレス解消法が編み物に没頭するくらいしかない。オードリーの武道館ライブも先行落選して泣いてる。

先輩マジで仕事しなさすぎてしぬ。私が4人の相手してる間基本半分の相手しかしない。朝も寝坊して遅れてくるし、就業後に絶対朝ごはんタイム15分やってるし客の相手してない時間もなんかぼーっとしててなんもやらずにライン(私信)が来たときに携帯みるくらいの活動しかしていない。風俗だったら出来高制なのかな?仕事、水商売に似ていると思っているので、給料もそういうふうにしてほしい。今回の昇給は私だけだったようなので、密やかに評価されているのかもしれないが、ふつうに仕事しないなら首にしてほしいな。

前職の先輩と話したときに、私の職場についてやっぱり大変なんじゃない?と心配していた。「(pajamajp)さんだったらまったく違う仕事しても大丈夫そうだよね」と言ってくれたのは素直にうれしかった(現実は厳しいしそんなことはない)。同業でももっといい仕事あるんじゃない?とも言われたけど、もっといい仕事ってどんなのなんだろう?私が求めてるユートピアみたいな職場現実に存在するのか?いやきっとしないだろうし、どこのどんな会社に行ったとしても程度の差こそあれ不満はあるだろう。もちろん適職かどうかということもあるから、もしそこが間違っているとしたら修正したい気持ちはあるのだけれど、とはいえ仕事をしていくかぎりこのディストピア世界に住み続けるしかないし現状として生活のためにお金が必要なので抜け出すことはできないんだよな。

ばかみたいな弟が、内定先の内定式にも行かず連絡もせずアメリカ行こうかな〜と言いながら勉強もせずかといって貯金もせず、フリーターになりたい等と言っているのでどうにかしてくれと親から泣きながら電話があり文字どおり泣き付かれたので昨日電話したのであった。私は弟より頭が良かったが、今後かかるだろう弟の学費のために大学選択は国立大一択しかなく私大に関しては滑り止めの受験もなかった一方弟は私立Fラン大にいっているから、私に引け目を感じている。私は万年中二病なんですけど、弟は遅れてきた中二病かつ反抗期でなんにも中身のない話だったので傾聴して懐柔して整理するだけですぐ解決した。この件の関して、親は法事が近いので神仏のおかげみたいなばかみたいなことを言ってきてムカついたので、解決したのは私自身であって、仏様神様はアドバイスも解決もしてくれないことを親に説いたのでした。この親にしてこの子ありだ。あれ、私は?

 

大学3年生のときめちゃくちゃ好きだったデート相手が突然夢に出てきた。頭がめちゃくちゃ良くてめちゃくちゃ寡黙でめちゃくちゃ変わっていてそして童貞だったのだけど、数年前に大学院の先輩の彼女ができたってことを聞いている。年上好きみたいなことを言っていて、たしかにそういう感じの人だったから、私については全然眼中になかっただろうと思うのだけど、あの人なんで私とデートしてくれてたんだろう?でもあのとき結構楽しそうだったのは何だったんだろう?極めつけは(何度か話してると思うのだけど)、私の吐いたタバコの煙をかけてほしいと言われたときだった。彼はタバコが好きなのだけど、自分で吸うのがだるいから他人の副流煙を吸ってるみたいなおかしなことを言う人だった。私は吐いた煙をかけるときに好きな女の顔射する男の気持ちが手に取るようにわかったのでした。セックスよりも断然、そういうことがエロいと思わない?私自身は誰か特定の人とセックスしたいという気持ちそんなになくて、別に誰でも同じだろうと思っていたことに最近気づいたのだけど、あの人だけはやれたかもってことを私も後悔してて、やれたかも委員会で怒られちゃうな。夢の中まで心を揺らすことやめて、と思うのだけど私が現実の逃げ場のために勝手に思い出してるだけなんだ。

友人がドイツへ行ってから恋人以外の人とあってない。つかれてて人と会いたい気持ちも起きない。1日友人と遊ぶと1日休日がなくなるという思考になってて最悪で、休日が足りないので休んだほうがいいかも。本が読みたい、音楽がききたい。

できればムカつかずにいきたい

久しぶりに一人で一日過ごせるということでとっても楽しみにしていた平日休みでしたが、午前中は整骨院と携帯ショップ(いかにも携帯ショップにいそうな営業のお兄さんがめちゃくちゃウザくて消耗した)、午後はラジオを聞きながら50cmほどになったマフラーの目を数えていたらいつのまにか休みは終わっていた。小学生の頃から日曜日の15時から16時の間の時間がすごく嫌いだった。休みの日が終わっていくその瞬間を目の当たりにする感じがして、夕方の空の色が変わっていく様子をみながら胸のあたりがぎゅっとなるのはいまでもそうなので、暗くなっていく部屋のソファからなんとなく憂うつな気持ちでぼーっと外を眺めていたら一瞬で1時間経っていた。1人で過ごす時間が少ないので意識して取るようにしている。1人で過ごす連休がほしいので1人旅にでも出ようかという気持ちだけはあって、お金だけがない。

最近は丁寧な暮らしの人に対して訳もなくムカつくことが多いです。みんな結婚して子供産んでコンドームみたいなへんな形のくすんだ色のニット帽をかぶってボーダーの服を着て布の大きいトートバッグにビルケンシュトックの靴を履いてる。丁寧な暮らしやってる大学の先輩達が多すぎて、あの頃の雑な暮らしはウソだったのかよという怒りとおいていかれた寂しさがある。なんでムカつくのか理由を考えていたのだけど、私が田舎嫌いだからかもしれない。丁寧な暮らし、田舎の暮らしと似ている。私は田舎の暮らしは飽きるほどやってきたので、丁寧な暮らしはまったく必要ない。

私の実家は、みなが日本地図で覚えられないで苦戦する場所にあるのだけれど、町としては機能するくらいの繁栄度がある。最近高校のときの先輩がバンドでメジャーデビューしてそこそこ売れてはじめており、なかなかいい曲を書いている。昔なんどか遊んだことがあって、みんなでプールに行くことになったときに2人1組で乗るウォータースライダーでじゃんけんか何かでその人と乗ることになって、そこまで仲良くなかったので緊張したのを覚えている。バイクの二人乗りみたいにくっついて乗る浮き輪の、後ろに乗っていたのだけど、私は胸がでかいので水着越しにめちゃくちゃ胸を押し当ててしまう感じになってしまい、二人でどぎまぎしたりみんなにからかわれたりしてまるで青春の1ページじゃん!彼は覚えているのかわからないけれど私は覚えていて、グリッドマンの5話をみていて思い出した。その人ともう一人高校出てミュージシャンになった先輩がいて、そちらははじめは地元で注目されていたけどいまは全く燻ってしまった。私も以前は仲が良かったけど、結婚相手がごはんのときにチーズケーキやパンケーキしか食わない女ということを聞いて女の趣味の悪さに絶望し絶縁した。このまえ暇なときについネトスト癖でチーズケーキ女のインスタグラムのアカウントを特定してしまったのだけど、特定しろと言わんばかりの特定のしやすさとこれみよがしの旦那自慢で見つけたことをめちゃくちゃ後悔した。妻であることを誇りに思うことは勝手だけど、そこにアイデンティティを置くのはどうなんだろう?育児あるあるでのツイッターのいいね稼ぎも同じように無理なのでミュートさせていただいている。私はかなり抵抗感があるけど世の中にはそういう人のほうが多いということも最近わかってきたことなので、いちいち吐き気を催していられないや。

恋人に頼まれた物をAmazonで探してる最中に、他のことを話しかけてきてうるさかったから無下にしてたら怒ってきたので、また明日から土曜日まで仕事で、最近失敗することが多くて、ほんとに昇給したのかどうか明後日の給料日でわかるので、なんだか頭が痛くなってきた。ツイッターではどっかのライターかなんかの人の、旧約聖書の全裸コスプレ写真が流れてきて厳しかったのでブロックしておいた。人に対してムカつくことが多いせいで体力がすり減ってる感じがしていて良くない気がする。1人しか入れない大きさのカプセルみたいなところに入ってしばらくそこでじっとしていたい。