人間の国

6月の終わりから7月前半にかけてずっと良くない感じが続いていたことでみなさんから心配してもらったりして、なんとなく申し訳ない気持ちになったり、おちこんだりもしたけど私はげんきです。

まあ私の悩みは取るに足りない、一般的な悩みなので内容について書くとみながっかりするだろう。またそういう悩みは恋人に相談しろよといった意見はあるだろうが、恋人については生活共同体といった感じで、気持ちのアップダウンについてはお互い口を閉ざしている、良くも悪くも。私は一般的な、家庭でよく話す女ではなく、会社の愚痴や実家の話、私自身の考えについては必要でない限り話さない(ようにしているのかもしれないけれど)。そうなってくると会社と家の往復の生活の中で話し合いという話し合いがおよそ存在していないことになる。通常の生活なら全くそれで事足りるのだけど、自分自身のことでどうしても考え込んでしまうことがあると、夜な夜な枕を濡らすみたいなことが起こって、友人とたまにあったときに暴発することになる。その頼りにしている友人も、もうすぐ海外にいくとのことなので、私は何かしら枕を濡らさずに済む方法を10月までに編み出さなくてはいけない。海外に住む決断をする自由さ、なぜか私は失っている。私は保守的な人間になっているし同時にそれがどうしようもなく憎い。

宝石の国の漫画を8巻まで買って読んでいる。ただ擬人化された宝石がワイワイ過ごす話かと思っていたら、話としては普通に戦争で、そのギャップを気に入って読み進めている。物語の中では石の特徴を活かしたキャラ設定になっていてそれらが適当にワイワイやっていてもそれなりに楽しめるなあという印象はあり、普通に売れそう(というか売れている)で、伊勢丹とかでやっていたイベントもそれぞれのキャラクターと石とを展示するようなものだった。私は宝石や鉱物自体は好きだけれど、その石とキャラクターとの短絡的な結びつけと商品化、それから消費されるキャラクターとしての宝石が苦手な感じがしていた。しかしこの話の一番の魅力は主人公であって、宝石ではないということが本当に本当に声を大にして言いたい。まあ確かに、宝石というのは、キャッチーで取っつきやすいものではあるとは思うのだけど。主人公の最大の魅力は姿形性格全てがどんどん変わっていくことである。それも、もともとの宝石の特性ではなく、失われた体の部分を異なる素材の物質で代替することで、自分が変わっていく。その変化があまりにも急激なので、長い漫画読めないマン(私)に優しい。8巻の間で、手足顔がすべてそれぞれ別物に置き換わってしまった。そしてもう見た目なんか別人になってしまったのだけど、別人の身体をもらっていく中で頭が良くなって、頭が良くなる中でもともとぼんやり持っていた欲望や目的がどんどん研ぎ澄まされていって、それでも自我は常に保ち続けているという、一体心はどこに宿るのだろうね?人間は脳みそだけど。書いていて思ったが本当に私はこういうのに弱いな(草薙素子然り)。自分の外側が変わっていくのに自我を保ち続けられるっていいよね、魂って感じで。宝石の国の主人公、フォスフォフィライトが私の新しい憧れ、草薙素子より身近(石だけど)な感じがする。でも私は人間なので手足頭を取っ替えることできない。そうすると私が変わりたいと思うとき、やはり何かを投げ出す・捨てる・取り替えるような意志・決断・勇気が必要、それさえあれば、私のいまのぼんやりとした欲望や目的が、どんどん研ぎ澄まされていくのでは?と、いう淡い期待。

 

 

 

サロメと思われる構図の好きな表紙です。

 

 

塞がっている

いろいろ考え込んでしまい、なにもかもうまく行かなくなっている。私自身が塞ぎ込んでいるし、常に八方塞がりで打つ手なし。誰にもうまく話せず、かと言ってこのまま一人で閉じこもっていても状況は変わらず、しかし誰かに助言をもらったとしても全く活かせる自信がないほど余裕がない。緊張状態が続いているのは単に疲労のせいではないと休日に一人で家でじっとしていてなにも変わらないのを見てわかった。この焦りや疲れや不安感を誰かに共有すべきとは思うのだけど、誰とも共有できないくらい、ここ2年くらいの私は周囲に高いコンクリートの壁を建て続けてきて、ようやく完成したところ、インターネットもしなくなったのではなくて、できなくなったのではないか。他者という出口を作ってこなかったので、ついに穴の中に一人(実際に、家に帰れば恋人はいるのだけれど、そういうことではなくて)、上からじりじり焼く日差しを壁の日陰でなんとかしのぐ状態になってしまった。誰かとしっかり話すべきだと思う。相手に伝わる話をできる自信がない、それはトライしてみないとわからないけれど、今、誰に対しても信用がないのが本当に良くない。壁を崩してまた誰かに自分を晒すことってできるの?(うまく行く気がしていない)

世界を革命する力を

一つ大きな仕事がおわった。いい意味での終わり(例えばみんなが何かを発表するだとかなんらかのプロジェクトを実行するだとかそういうこと)、ではない。ただ1人人が去っていっただけなのだけど、私の仕事は人と会うことなので、人が去ること=おわりということになる。ほっとしてもいるし、あれで良かったのかという疑念を抱いてもいる。皆、私に若いうちは経験ということで私に大変な人と会う仕事を任せきりにしているが、私はお前らがやらない、やりたくないだけだろ、と思ってしまうのは、私にはすぐに人を馬鹿にしてしまう癖がついているからだろう。まあそれをありがたい気持ちで受け取れる人間にはなれないので、とりあえず、はい(クソ)と言って受け取りこなしている。まあ大きな仕事は、どうやってもおわりはおわりなので、来週からほんわかし感じで出勤していこう。

私はこれを電車の中で書きながら鬱屈した気持ちを抱えていたのだけれども、相変わらず丸ノ内線では後楽園から乗ってくるチャラチャラしたサラリーマンとOL集団が騒いでいる。スーツ男はがに股でポケットに手を突っ込んでドアに大きな音を立てて寄りかかった。あまりに典型的な威圧のポーズに笑ってしまった。

インターネットにアクセスしない日々、特に何も変わらない。インターネットをしていないと考えたどうでもいいことを話す場所がないので、考えたことをノートにメモしている。ノートを見返すと、電車で女にされた嫌がらせについて詳しく書かれている。インターネットに書くより自由な表現で。

最近また音楽がやりたいけれど、どうしても悪い思い出(3~4年前のブログでも見てくれhttp://pajamajp.hatenablog.com/entry/2014/06/01/012407)が付き纏ってしまいなかなか踏み切れないでいる。まあやってみれば音楽は楽しいからそんなこと忘れちゃうのかもしれないけれどね。しかし大学に置いてあるコントラバスから何年間も逃げ続けている(知らない後輩らに申し訳ない)。あのまま楽器を本当は燃やしたい。私は4年間もの間結局ずっと向き合えないでいる。そのことについてもう誰も気にしてはいないけれど、私は気になり続けている。まあ、楽器と直接関係のあることだったので向き合うことは今後もずっと無理かもね。大学のとき、そのことについてカウンセリングに行っていたが、相手にお金を請求できる話を聞いて、その後は行けなくなってしまった。一体その程度の心の脆さでどうするんだパジャマジェーピー。 まあこれの解決は何にせよ一人では無理だよ。

なにもかも逃げ出しておわりにしたいことがよくあるけれど、べつにおわりになったからって状況はそんなに変わりはしないし、結局同じような別の現実はすぐそこに存在していて、どうしてもその中で過ごすしかないのだけど、それでもおわらせる決断をすることはなぜかとても体力がいる。いままで逃げていて残してきた事をひとつずつ終わらせなくてはいけないような気がしている。

壊れかけの休日について

こんばんは、ぱじゃまじぇーぴーです。最近イヤホンを無くして、2週分のラジオが聴けなかったので、人生の楽しみを見失っているところです。人の話を受動的に聴けなくなるだけのことで、本当に楽しみのない人生に一瞬で変わってしまうことに驚いたので、もう少し自分の人生の中で主体的に楽しみを見つけないと、つまんないとか、なんか変わんないかなとか思っているうちに、死ぬなあとしみじみ思っている。だけど特に何するわけでもないし、だからつまり、いつもどおりの私の人生が続いているだけなのだった。

さて、この一昨日5行で終わってしまったブログの続きを書こう。昨日は平日の休みで、朝寒くてベッドから出ずに布団の中で今週分のラジオを聴きながら笑ったり考えたりしていた。インターネットを見ていたらこの記事(https://cakes.mu/posts/6433)が何かにくっついて出てきたので読んで、ふーん、お笑いの批評みたいなものもあるんだな、と思う。まあ批評と言えるかどうかは?だけど。Amazonのカートに文庫本を追加。

 

 ここまで読むとただのオードリー大好きOLじゃん!って思うけど、私の彼らに対しての1番の感情は、本物の憧憬であるということをみんなに知っておいてほしい。高校のときにトランペットが上手くて、私をかわいがってくれていた先輩が、オードリーの大ファンだったのを思い出す。彼女、どうしているのだろう。

響けユーフォニアムを最近見ている。私はみんなの予想通り、高坂麗奈が好きだ。8話の終わりで「私、特別になりたいの」のシーンで泣く、特別になれていない私、特別になるべく努力した結果何者にもなっていない私。トランペットの上手い私の先輩も、特に特別になった話は聞いていない。特別になりたいんだけど、一体特別って何なんだ!という気持ちが、深夜のラジオ番組からは相変わらず溢れている。

 後輩と会って、寄生虫館へ行った。気温が低くてまとわりつくような雨が降っていた。コンビニのスモーキングルームで自分たちのバカみたいに安い賃金の話をする。後輩は健康的とはいえないものの、以前より元気そうだった。自分で勝手にどんどん不安になることがなくなったらしい、とっても良いことだ。寄生虫館は、なんか目黒駅から少し歩いた所にあって、ふつうの、中小企業の雑多なオフィスビルくらいの大きさしかなくて、見た目は全く迫力がなかった。しかもなぜか平日なのにデートスポットなみに混雑していてカップルみたいな人も多くて驚いた。寄生虫は面白かった。図書館で寄生虫についてまた調べよう。寄生虫館を出ると雨は止んでいた。目黒には昼から飲めて喫煙できて敷居が低くて安い店が無かったのでジョナサンへ行く。平日昼下がりのジョナサンの喫煙席、不思議空間だった。おかしな客層の中でビールを飲む。寄生虫の無意識と人間の意識について話す。それから私の交際についてのメリットについて聞かれたので話す。また私の地元の田舎の時間が止まっている様子について話す。話題が飛躍しているようでいて、あまりそうではなかった。一つのつながりがあるように思えた(思えただけかもしれない)。話すべきことは限りなくあったが、17時に店を出て、帰宅して晩ごはんをつくった、私がそうしなければならなかったので。昼からまあまあ飲むと最近夜頭痛がするし、いや、それは夜飲んでも同じか、とにかく最近酒に弱くなった気がする。料理といはいえない料理をしながらラジオの続きを聴く。

 

水族館と溺れる子犬

こんばんは、pajamajp です。春、気分が悪いですね。なんだか急に暖かくなって、夜、悲しくなって突然泣き出すなんてことありませんか?私はあります。できるだけ季節を気にしないように生きていますが、 皆さんはどうですか、と問うのも失礼かもしれないし新生活に向かって気持ち新たに一歩踏み出している事と思います。

つい先日大学の同期と後輩と晴れた日の新宿中央公園で、女ばかりの冴えないピクニック、いや飲み会をしたのだけれど、私は今年度も早速自分の卑しさに辟易してしまったのでした。

皆が買い出しに行っている間荷物番として後輩と2人で待つことになったので、近況報告ということになった。後輩は就活を頑張って大手企業に就職して今年から晴れて社会人、今はマナー研修を受けている、とのことで私は他人事のようにたいへんだなあとか言った。どこかで私がうっかり「いい会社」とか言ったことで何かおかしくなったのだ。多分「いい会社に入れば」とかまあ私が言うのはそういうことだろう。文脈はよく覚えてないけれど、後輩に「いい会社ってなんですか」と聞かれて、唐突だったので「何か就活の面接みたいじゃない?」と笑って返した。べつに面接みたいじゃないけど、私はもうそこでダメだった。聞かれたからには答えなきゃと思って適当に、お金もらえて定時で帰れて人間がギスギスしてないところだけど事実そんな会社はないし労働は悪だよねアハハとヘラヘラしながら話す。後輩は別にそんなことが聞きたいんじゃないみたいな顔をしていた。私は将来どうなろう知ったこっちゃないし仕事への情熱や熱意はまるでなくてどうでもいい仕事をなんとなくしているが、後輩は自分の未来は仕事に展望を抱いているのだ。だからこそ就活を乗り切ってきて、就活を乗り切った自分に自信を持って入社するのだ。そう思った瞬間もうなんか眩しく見えてきて、後光が差している様で、目を合わせることができなくなった。なんとか話題を変えようと奮闘する自分がみじめだった。奮闘した結果、私の仕事の話になり、どうでもいいことで後輩が褒めてくるのも気を使われているなという感じがした。そしてなによりどうでもいいことで卑屈になる自分がばかみたいだった。

ピクニックの間中、気を使わせていた気がする、それこそマナー研修の成果発揮というところだったのかもしれないが。

反省点としては、私の彼女に対するイメージが2、3年前のままだったということだ。人間2、3年あったら変わるだろうし私だって多分変わったところもある。その長い時間をすっ飛ばして、昔みたいにワイワイやろうやというのが無理があるよな。そういう昔は良かったと言うばかりの変化を受け入れられないババアにならないようこれから気をつけなくてはいけないね。それからもちろんこの話には彼女には一切の非がない事は自明だし全て私が勝手に居心地が悪くなっているだけの事なのだ。

 

ところで、みなさんは水族館劇場をご存知ですか?私はつい最近知ったのですが、私が今まで観た中で一番人間的な、あまりに人間的な劇団だったのでここに宣伝しておきます。貧乏アングラ劇団で演者もおばあちゃんや日雇い労働者、テント演劇で外会場なので寒いし座布団はペラペラでケツが痛くなるのだけれど、そこにはどうしようもなく忘れられない光景があるのです。「上昇思考を持たない唯一の劇団」とのことで、普段はいわゆる社会的弱者であって、また弱者であるということに誇りを持っている人間の、ひとときの輝きを目にすることができる、完全な非日常空間。

来週も花園神社でやっていて席もあるようなので行くと良いですね。

http://www.suizokukangekijou.com/news/

 少し前だけどこのインタビューも良かったです。 

http://yokohama-sozokaiwai.jp/person/16352.html

 私はそういう空間を作り出す人間や弱者であり続けることの意味を形にして手に取るようにわかっているような人間に対して、本当の意味での尊敬や憧憬を感じるのだよねえ。私が卑しくて浅ましい上昇への欲を捨てきれず、これといった趣味や表現力もないと諦めてなにもしない、どっちつかずの状態で浮遊しているからなのだろうな。

水族館劇場では大量の水を使う演出が毎回あるのだけれど、私はこの観劇のあと、水に溺れた子犬を心臓マッサージだの人工呼吸だのをやって水を吐かせて助ける夢を見た。まだ生まれたての子犬が自分の手のひらのうえで息を吹き返す瞬間を見た。精神分析は全く信じていないけれど、あまりに印象的だったので記しておこう。あれは、あの犬は私のなんだったのだろうか?

 

パジャマジェーピーと、喝采を

こんばんは、パジャマジェーピーです。なんだかこうやって皆さんにお話するの久しぶりですね。あっというまに3月、大人になったら時間が経つのが早いというけれど、私はそうじゃないと思っていたけれど、やっぱりそうなのかもしれない。最近の楽しみといえば週に1回のオードリーのオールナイトニッポンradikoというアプリのタイムフリーで一人のときに聞くことくらいで、現実感のない楽しさばかりに逃げている。現実世界でも楽しいことはいっぱいしているはずなんだけど、忘れたいことのほうが多くって。 

personの語源がpersonaであると話してくれたのは私の数少ない友人の一人だったっけ。人が他者と関わる場合、常に仮面を被っており、本当の私とはそもそも、仮面の集合体であるという話。最近の私は疲弊していて、客やら友人やら恋人やら新しい職場の人間やら会う人多すぎて仮面の取替に大忙し。まあ道化に転じることが生業なので仕方ないのかな。personの語源がpersonaとしても、両手に余るくらい仮面を持っていて、最近の私は持ちすぎているのでは?最近一人で動く時間があんまりなくて、そういえば私ってどんな仮面の集合体だったっけって思い出す暇もあまりなかったのよね。

仕事、親子向けのキャバクラみたいなものだし、天職というわけではないので別にやめてもいいんだけど、いまのところやれているというのが現状、私が転職に自信がないってこと最近気づいて、みんな自信を持って私にはこれができますあれができますと言えてすごいよね。自信を持って赤の他人に自分をアピールできる人間性をいままでの無益な人生の中でも獲得したかったね。3年前(つまり、一瞬就活したときだ、)も同じようなことで悩んでて、私は私固有の中2病的考えを認めてそれを強みにするしかないっていう結論に至った訳だけれども、なんかそれって形がなくて、実感持ちにくいよね、中2病や考えには取得できる資格や証明書もないし。なんか人から評価されたりああだこうだ言われたりするのもう疲れたよねパトラッシュ。まあせいぜい自信持てるように自分で学べよってことだよな。同時に、それができれば苦労はないんだけど。

そういえば、私はオタクなのでデュラララの折原臨也が大好きなのだけど、私はああいう、愚かな人間が人間関係の中で痛みを感じたり辛くなったりしてる様子が大好きで大好きで堪らないのと同時に、自分が痛いことをされたり辛くなったりすることがすっごくすっごく嫌だみたいな矛盾を孕んだ人間愛に、なぜだか共感しちゃうよね。

 

Choose Your Weapon

25歳になったpajamajpです。昨日から漠然とした不安感に苛まれていて、理由はいろいろ、わかってるのだけど向き合わないでいることのストレスでしょうね。出だしから調子わるいね。 

25歳、なったからといって別段なんの感想もないです。自分が歳をとることに対して全く抵抗ないけど体の不調は多くなった。まあ25年も使ってればこわれてくるのは当たり前か、病院は休みが潰れるので行きたくないけど、こわれてきたら治さないといけないよね。

このまえ会った子どもが「もしかしたらタクシーは空を飛ぶかもしれない、あなたがおばあちゃんになった時に」と話してきた。自分より20歳くらい若い人間にそんなことを言われて、気が遠くなるような未来を想像して心が乱れた。タクシーが飛ぶかもしれない日まで毎日を過ごし続けるなんて、その間にどんな辛い日が待っているかわからないというのに。老いていくのはいいんだけど、私が老人になってもこんな調子で不安がっていたら本当に自分の人生に辟易しちゃうだろうな。

 「自分の人生を選んで」と書かれたバースデーカードを友人にもらったのだけど、はじめはいまいちピンときていなかった、というか意味がわからなかった。なぜなら私は今までも自分の人生は自分で決める、これからもそうであることに全く変わりはなかったから。そうだしかし今はどうか?思えば人のことばっかり気にすることにかまけて自分をおろそかにしているんだった。私は普段人の言うことぜんぜん聞かないけど、気づきを促す私だけに向けられた言葉に対してはとっても心を惹かれて、その言葉を何度も反芻するのでした。

恋人は誕生日プレゼントをくれなかった、それかまだくれていないのかもしれない。本当はプレゼントもらいたいけど自分から言ったらおかしいから黙ってる。恋人と私が上手く行っていないのではないかという噂もインターネットであったとまた別の友人から聞いたけれど、そういうわけじゃない。ただ、インターネットに心の乱れを書いているだけ、心配しないでね。

 

(あとこれは言うかまよったけど)追記:

私が生殖やジェンダーに呪われているという言説があって、はやく解放されてほしいとの要望を受けています。しかし生殖やジェンダーに仮に呪われていたとしてもじつは私はそれに顔から突っ込んでいく人間で、解放を望んでいるかと言われるとそうでもなくて。私の仕事、生殖等に関係していて、私はそもそもの生殖は反対だけれども、その結果生まれてきた人間たちについてはどんな人間であっても深く愛していて、それをやめることはできないのです。じゃあ文句を言わずに働けよってのもあると思うけど私が職場に文句があるのは別れた元婚約者のコンドームに穴あけようとする職場の人間にであるのよね。

ジェンダーについてはこの身体が続く限り呪われ続けるだろうという自覚がある。@_ynkさんが、自身のことを何かの折に「女の容器に入っている」と表現してたのがまさにそうで、私はただ女の容器に入っているだけなのに不利益を被ることが多すぎた、また自分の容器に対しての大きな不満を抱えているので、義体になれば解消すると思います。

Choose Your Weapon (Japan Version)

Choose Your Weapon (Japan Version)

  • Hiatus Kaiyote
  • R&B/ソウル
  • ¥1600