breathing underwater

ハラスメント、嫌味・嫌がらせが日に日に加速していく毎日を、私は私の幸せ、例えばいい音楽、いい本、いい映画、いいアニメ、いい買い物、いい食事、いい会話でカバーしながらやり過ごしている。会社の先輩から受けているハラスメントは続き続けている。先日ようやく破綻していた同棲男との生活がおわり引っ越しをすると話しており、私はようやく解放されると自由を勝ち取った民衆のように両手を挙げて喜んでいたのだが、結局それもなくなったらしいので、またメンタルヘルスがおかしくなっているらしい。先輩は自分のストレスを向ける矛先を、周りの人間のうちの1人にロックオンして攻撃しまくるタイプの人間で、いまは私がロックオンされているので、細かく挙げればキリがないけれど、針で表面だけを刺すような嫌らしい嫌味を毎日毎日言われるね。上司らは私を気遣って、有休とっていいよと言ってくれるが、やはりそういうのも気に入らないようだった。まあどうでもいいや、仕事は相変わらずやってないし、早くクビになると良いと思う。

この前、高校の頃に付き合っていた人から突然連絡が来て、だるかったけど休みだったから会った。私の好きだった人なら、なにか面白い話があるかもしれないと考えたのが悪かった。もうすぐ結婚するらしい。妻になる人に、子どもをせがまれていると言っていた。想像したら気持ち悪かった。結局特に面白い話もなかったのに、なかなか相手が帰らないから飲み過ぎた。まあ、結婚したら昔の交際相手なんか会えなくなるだろうし、大方隙あらばセックスしたいとでも思って来たんだろうなというのが見え見えだったのも嫌だった。村上春樹の小説ならセックスしてただろうけど、私は村上春樹の小説の登場人物ではない。昔の交際相手に会うの、今まで別に嫌と感じてなくて、むしろああ私この人のこと好きだったのかと昔の自分を客観視できるからそこそこおもしろいなと思っていたけど、もうそれは必要ない。私も大人になったんだ。

体も心もつかれている。毎日心を揺らさないで静かに暮らしたいのにいろいろなことが起こりすぎる。いつのまにか趣味の手数が減りつつありよくない。恋人は平和にスプラトゥーンに大ハマり、私は、私は?


Nai Palm - 10 Blackstar _ Pyramid Song _ Breathing Underwater (feat. Amadou Suso) - YouTube

 

 

蛇の道は蛇

月に一度のpajamajpタイムです。そう、思えばもう何年も陳腐なことばかり書いてきたな、誰にとっても有益じゃない情報、こんなのってなんの意味もないよ、って思いながらも私の為には有益なので見てくれる人は見てくださいね。

先日pajamajpのアカウント(いや、その前から?)を使って以来の友人と会ったときに、私のことをたくさん知ってほしい、そういう相手だったので、私のことを話すために久しぶりに自分のことを思い返していたのだった。最近は、というか最近の何年か、私は思考するのをやめて、恋人に管理されるがまま、あたたかいところでぬくぬくと時間を過ごしてきた。もちろんそれが悪いってわけじゃないけど、何にも考えないことがくせになっていた。知らない人や関係の浅い人、別に好きでも嫌いでもない人に対して媚を売ったり適当に話を合わせたり盛り上げたりするのが意図せずして得意になった。そのせいで彼と前回会ったときは本当に職場でするみたいな適当な話しかできなくて、ちゃんと実のある話しをしたいのに私の問題で全くできなかったことを、好きな女の子相手にその場になったら勃たない男の子みたいに後悔していた 。そういうわけで、たまには自分のことを振り返って考えてみてもいいかもしれないと久しぶりに思えたので、私たちが会って話したことが本当に良かったとなることはもう最初から決まってたんだって。実際に彼に会うのは、物理的な距離があるために2度目だったけど、何年も同じ時間を過ごしたことのあるみたいに、お互いを知っていると感じられて不思議な感覚、そのとき私たちがインターネット上で出会ってから5年近く経っているということを聞いた。5年というのは長かった、「思い返せばあっという間だったね」ということは決してなかった。大変な毎日を少しずつすごしてきたのが「あっという間」であってたまるか。

(別に好き好んで選んだわけではなかったのだが場所の都合で)新橋駅で、サラリーマンのおじさんたちと、その連れのキラキラOLがたくさんと、いけすかないバーテンダーのいるところで、友人は海の味のする、ラフロイグというのを、私はパンペロを飲んだ。ラフロイグは強烈な香りがしたので、ラフロイグの匂いを嗅ぐたびにこの夜のことについて思い出すだろう。

新橋駅で酒を飲んでいるキラキラOLたちが、優しくて金のある男性、ブランドもののセンスの良いファッション、金に困らず幸せな結婚生活、ブランドの服を着たかわいい子どもに向けて、それらを獲得すべしと輝いているのを見た。私はキラキラOLになんだかわからないけど引け目を感じていたので、「私はいつまでも子どもで、ネバーランドに住んでいるみたいにいつまでもあんな感じの大人になれないんだけれどどうしたらいいのか」と以前から思っていた疑問について話す。それに対して友人は「あの人たちはパン食い競争に参加していて、僕たちはマラソンに参加している、ただそれだけ」と返した。こんなセリフまるで映画みたいだと思ったけど、映画じゃなくて現実で、確実に私自身に向けられている言葉だという実感があって驚く。私は、パン食い競争をやって何かを獲得するぞと頑張っているみんなを、紐にくくりつけられたおいしいパンを素通りして、ゴールがどこにあるのかもわからないようなマラソンでただ無意味に走り続けているのだった。キラキラOLはキラキラOLでパンを食えればいいし、私は私で関係なくとにかくずっと走り続けることができればよいのだ。

友人と私の間にもちろん差異はあるけれど、こんな風に同じ言語を話す人だから私にとってわかりやすかったし、彼もまた、なんだかわからないけど私の何気なく言ったことを気に入っていたので、お互いにとって良かったのだと思う。カウンターで、私たちの会話はこんな感じだったので、バーテンダーたちに笑われてるのがわかった。興味がありそうだったのでいっそバーテンダーも巻き込んで話してやろうかとも思ったけど、どう考えても話が合わなそうだし、いけすかなかったのでやめた。バーテンダーが寡黙である必要性がわかった気がする。私はおかしいから笑われるのは慣れっこだしわかるけど、客を笑うなら客がそれに気づいているのにも気づけよ、と思う、いや、私がおかしいので彼らに否はないのだけれど。

私たちはもうずっと長く人生を過ごしてきたし、もうこれ以上続けていく必要があるのか疑問に思うことがある。最近死んだ友だちも、長い間、一分一秒ごとの長い時間を一人で過ごしてきたこと、そしてそれが続いていくことに対してなんだか嫌気が差したのだろう。私が辛い思いでマラソンを続けて行った先に自己実現という名のゴールはあるのだろうか、いや、きっとない。パン食い競争に参加しない私たちは、並走してくれる相手をなんとか繋ぎ止めておきながら、孤独に耐えかねて走るのをやめないように、ただただ走り続けていくしかないのだろうか、いやたぶんそうなんだろう。そして私は、パン食い競争に参加していない並走相手を何人か、これまで厳選して選んできたことが無駄ではなかったと思えたのであった。

夢の植物工場

こんにちは、pajamajpです。
三連休明けの月曜日の満員電車の中でこれを書いていたら、いま私の目の前の席が空いて私の座るべき電車の席があったというのに、みんなで押し合いへし合いしている間に割り込まれてなくなった。こんなことになんの意味があるんだろう。昨日オランダの植物工場について学んだのだけど、植物工場では、コンピュータに野菜たちが完全に管理されて収穫の日を待つということだった。ちなみに工場では従業員の性格までデータ化されていて管理されるらしい。仕事、主体性とかなんとかはどうでもいいし、満員電車に乗らずに済むなら私も植物工場ではたらきたい。そうなると、最近は生活を恋人にほとんど管理されているので、仕事もコンピュータに管理されて、ということになるけど、まあ私は余暇のために存在していればいいかな。
恋人、今日は遅くなるみたいだから今日みたいな日は出かけるチャンスなんだけど、出かける用事もお金もないし私はなぜか明日も休みだし、家に帰る。生活とか、出かけるとか、そんなところまで管理されないといけないのか、お前に自由はないのかと、この前母と会ったときに言われたけれど私は管理されていないと毎日ツナ缶かけごはん食べるみたいになっちゃうからだめなんだ。とはいえ、こんなことを続けていて私は恋人がいなくなったらどうするつもりなんだろう?まあ私は植物工場で言うと植物側の人間なので、管理するものがなくなれば枯れるしかないのかもしれない。恋人がいなくなったらどうするかよく考える。なぜなら管理することにもう嫌気がさすことだってあるだろうと思うから。恋人、なぜ私と3年も付き合っているのか不明。惰性ならとっくに別れているけどそうではないし、なぜなんだろう?
このまえ友だち(と私が思っていた)が死んだことについて、たくさん思うところがあって、共通の友人とそのことについて話すと、些細な思い出みたいなのがたくさん思い出されて、全部大切、大切、大切だな。会ったり話したり名前をよばれたり音楽を聴いたり騒いだり冗談を言ったり笑ったりしたことを絶対に忘れたくないよ。私はそういう人間の人間らしいところだけたくさん集めて立派な野菜になって収穫されたいよ。

 

気持ちいいことをしたいだけ

pajamajpです。みなさんお変わりなくお過ごしでしょうか?私は銀行の預金残高ばかり気にしていて、相変わらず先輩は婚約破棄された相手と同棲していて、ハラスメントはとりあえず無くなって、でもどこか緊張感がある、素敵な社内ライフを送っています。仕事、先輩が仕事しないことと給料が安いことを除けば、楽にできるからとりあえず毎日行っている。奨学金のことを考えると、全く良くないのだけど、別に奨学金を返すことだけが人生じゃないな。

恋人、変化することはほとんどなく、毎日同じような暮らし。誕生日には、PSvitaとかkindleとか何かしらの電化製品をくれるので、周りから結婚がどうこうと聞かれるけどそういう兆しもないし、恋人は何考えてるかわからんけどまあそんなことはどうでもいいや。私が幸せいっぱいでヴァージンロードを歩くなんて、想像しただけで鳥肌立つ。そもそもヴァージンロードって言うけど、私はヴァージンじゃないし。結婚式、異様にお金かかるようなので、行うくらいなら、みなさんからのご祝儀で奨学金返したいです。 

Netflixで ピンポンのアニメを観て毎日泣いてる。スマイルみたいな人生送りたい。私だって、何もしないまま消えてゆくもんか。

ハラスメント日和

人の悪口言うくらいなら自分が変われっていうの、最近割りと心がけてはいて、そのことで大きなことはできないけど、まあちょっと気使うくらいならなんとか。自分に関係ないことだからどうでもいいかな、と思っていたのだけど、ついにその上限が来て、身体に出始めたからここへ書く。昨日の夜眠れなくて、どうでもいいことが不安になって、そういうのは自分ではあまりなくて、だいたい寝たら忘れるのに、寝れないから忘れられなかった。それというのも会社の先輩の後ろ向きジェットコースターのような波のある不安定さによるもので、結婚で浮かれて持ち前の結婚論で私に説教したかと思えば婚約破棄されて仕事しなくなったりあげくのはてに「冷めた」と言われたと(もうすごく前から破綻していたのに)泣きながら職場に来たり「どうしたら良いんだろう」って泣きつかれたり(解決手段を提案しても受け入れることはない)。ほとほと疲れたぞ私は。上司が彼女に対して「仕事にならないから(というより他者の精神衛生上よくないので)家に帰れ」って言うけど同居してるから帰りたくないそうで、彼女にとってはこちらからの提案は無に等しく、できるのはただ不幸を撒くことだけ。上司にも相談し、できるだけ社内で(どの人も)二人きりにならないように配慮されてはいるものの、そうは言っても二人きりになるときはなるので完全に蛇に睨まれたネズミ状態。みなさんの周りにもこういう人いるんでしょうか、いたらどうやって対処してるか教えてください。いつも苦手なタイプの人間に影響受けるってことないし、危ないところからは逃げてるのだけど、今回は会社の中だしこれもはやパワハラなのでは?むしろ不幸ハラスメント?なんと言ったらいいかわかりませんが、

とりあえず今日は休みだ仕事もないのでこれ以上考えたりしたくない。

もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ

pajamajpです。今日は休みで友だちと会うために電車に乗っていましたが、ボカロ大好きおたく女子中学生の歌うボカロ曲に囲まれ、さらに悪いことに隣の若い女がタバコ臭く、タバコ臭い女というのは最悪だなと思っていて、吸うのはいいけど体が臭い女は嫌だな。最近電車にのることが多いですが、いちばんよかったのは人身事故による遅延で満員になった電車の中で、お母さんと離れ離れになりそうな子どもが少し大きい声で「かみさま」と言っていたことです。
ツイッター活動休止してから、特になんにも変わったことなくて、逆に驚いていたんだけど、この前ゆきよっぴ(@yky_sokkou)にあった時に「pajamajpは人にいろいろ言うことはあっても人から言われたことを受け入れるみたいなことないよね」という旨のこと言われてめちゃくちゃ納得した。でもまあ仕事始めるときとか人生になやんでるときとか、インターネットの先人たちの知恵があって本当に助かったというのはあったんだけど、最近はあんまりないかもしれない。悩みがないからかというと、そういうわけでもないんだけれど。ちなみにゆきよっぴはおもしろいしかわいいし知見があるから最高。

あと「どんな本読むかとかどんな映画君自身は忘れてもいいかもしれないが、そういうことが気になる人間もいるということを忘れないで」という旨のことゆきよっぴに言われて読書メーターとFilmarks始めたのでみてください。 
『ぱじゃまじぇーぴー』さんの映画レビュー | Filmarks
https://filmarks.com/users/pajamajp
読書メーターはpajamajpで探してね、まだあんまりやってないけど。

 今日はララランドのDVD発売日なのか、隣の部屋からララランドの曲めちゃくちゃ聞こえる。DVD発売当日に買うって人、相当なファンだと思うけど、隣の人、アラウンド40独身女性一人暮らし彼氏なしっぽいから気の毒。趣味に対してあれこれ言うつもりはないし、個人の自由だけど、音が聞こえてるから気になっちゃうね。

会社、いろんな嫌なことあって最近休みまくってたらだいぶ(どうでも)良くなった気がするからよかった。結婚に過敏な女の先輩に対しても適当にやっていきたい。

同級生、なんかみんな大人になっている感じがする。 私もいろいろライフステージ変わって、大人になってるはずなのに、私だけ小さい時からずっと同じようなことばかり言ったりやったりしてる気がする。そういうのが最近気になってる。いつになったら上手く大人になれるんだろうか?別にあんまりなりたくはないけれど。こんなちんけなことを考えてても仕方がないけど、悩みのない人生よりましかもしれない。

いつでも思い出したくないこと2,3個あるほうがいいよ。

 

世界はここにしかないって上手に言って


ものんくる / ここにしかないって言って 【MV】 - YouTube 

 

 

 

 

いくら呼んでも帰っては来ないんだ 

ロングタイムノーシー、pamjamajpです。みなさんは私の事をお忘れかもしれませんが、そういうことには関係なくブログを書こうという気もちに久しぶりになったのは、久しぶりに予定のない休日があって、気持ちに余裕があるからかもしれないね。

近況、最近は専ら人のことばかり気になって、もっと自分のことを考えたほうが良さそう、そうした方が無益なことで気持ちが揺らいだりしないのに。

私はめちゃくちゃ小さい会社にいて、たった今事業が始まったところなんだけど、いろいろだめなのでだめかもしれないという状況です。また転職するのかもしれないけどもうこれはバイト感覚じゃないかって。もうそれでもいいけど私は何者にもなりたくないしなれないし、何者でもないまま老人ホームで死んでいくのやだからなんとか人生楽しみスキル(例えば何かを作ったり、磨いたり、観たり、聴いたり、演奏したり、飲食したり)を獲得するのに力を注いでいて、それはいつも全く仕事とは関係ないことだから、昼と夜、平日と休日は全く別人みたいになる。私のやってる仕事、子どもがいろいろくるけどみんな子どもかわいい大好きって言ってるけど私は別にそうでもなくて割と上手くやれるからやってるだけ。今の仕事のためにがんばりたくないので、スキルアップも望んでないし、大学院にも行きたくない。この仕事いつまで続ければいいんだろう?

しかし、そうは言ってもとりあえずお給料もらわないといけないので毎日ちゃんとやってるけど、事業がなかなか拡大しないので、このままじゃ夏も冬もボーナスなくなるから私は集客のために近所のばあさんに睨まれながらポスティングとかチラシ置いてもらえるように頼み込むとかやってるんだけど私より給料もらってるお局先輩は私が100枚配ってる間に10枚しか配らないで職場に帰りやがったので畜生私に給料もっと出せと言っています。

この前寄席行ったときに、いわゆるマナーの悪い子どもがいたときに、噺家の人だいたい子どもいるとみんな子どもきてくれて嬉しいみたいなこと言ったり子どもにもわかる話するのに、艶笑話が多かったのは暗にそういうことだよね、私もわかる人にはわかる嫌味を上手く伝えていきたい。

 最近このアルバムばかり聞いてる。実家帰ったときにバラード1番練習したい。エモい気持ちになれるからおすすめ、俗世のいろんなことどうでも良くなってぐちゃぐちゃになる。

ショパン:4つのバラード、幻想曲作品49、前奏曲作品45

ショパン:4つのバラード、幻想曲作品49、前奏曲作品45

 

ツイッター特に復活の兆しないけど、会おうねって言ってた人には会いたい、突然連絡したらごめんね。 最近誰とも会ってない気がするし、誰かにあったほうがいい気もする。最近の私は残念ながらどうでもいい話しかできないんだけど。