グッドモーニング、pajamajpです。今は仕事の時間ですがブログを書いています。とくにやることがないので。

近況としては仕事新しくなって、事業の立ち上げみたいなことの手伝いをしています。インターネットの人たちがよく言っているように、結局最初に集まっている人間が良くないと新しい会社って終わりなんだなとよく実感していて、まあその点では上手くいくかは微妙だと思う、けれどもまあやってみないとどうにもという感じもあるので、とりあえず。私は仕事に関して特に思い入れとかはなく、嫌なことやらされずにまあまあ給料もらえて早く家に帰ることができればなんでもいいので、もしそれが現在の仕事で適わなくなるようなら転職、とは考えている。昨日も仕事を休んでディズニーランドにいって楽しかったです。

この前先輩OLのみなさん(@_nhayatoさん@saatomさん)と女子会をしたときに、女子会ならではの話をしたけど、結局人は恥ずかしい話を人にしないっていうの心に残ってる。

恥ずかしい話、人に消費されがちなのであんまりしたくない気がするけど、それ自体は私はたくさん持っていて、たまにどうしたらいいのかわからなくなって台所とかで泣いたりしないといけなくなるんだろう。

しかし一方で、私が恥ずかしいと思っていることをなんの恥ずかし気もなく話してくる人もいてそういうときは参ってしまう。24歳になったからか、結婚妊娠出産みたいな話がどんどん飛び込んできてたまごクラブひよこクラブこっこクラブでも入ってろみたいな気持ちになる(妊娠出産の話そういうクラブでしてくれ)。職場の妙齢の女性が結婚するとかで、来年仕事関連の試験があるから妊娠の時期を悩んでるみたいな話されて、子どもを作るっていうことが当たり前に考えてるっていうのは私にはわからないし、そういうの自分で考えてよって思ってしまうのは私の心がせまいからなのかもしれない。

なんかおもしろいこととかインターネットに書きたいこととかいっぱいあった気がするけどまだごちゃごちゃしていて整理されてないからまだかけない、とりあえず今言いたいのは草薙素子がイライラしてるときに「生理中よ」って答えるジョークがほんとに好きだし私も早く義体になって「生理中よ」って言いたいってことだけです。 

分からず屋さん

グッドイブニング、pajamajpです。今度は転職することになったのでみなさんにお知らせします。転職はコネだけど、今後もそういう努力しない人生を積極的に選択する努力をしていきたいね。

今の仕事、心とかそういうの扱ってるけど正しいことが何もないのが一番つらくて一番最悪。みんな言うこと違うしみんな自分が合ってるって思ってるしそう思わないとやっていけないみたいな世界。それぞれが主張しあってるから私はユニコーンガンダムの主人公みたいに「正しい戦争なんかないんですよ!」って言いたい。私は知識も経験も自信もないので訳のわからないことを言われてもそうですねーって返して定時でうちへ帰ってビールのんでぱにぽにだっしゅみて脳みそ溶かすしか能がない。心、わからなすぎなのでなんかもっとこういうのが正しいって証明してほしい。そうしてみんな一致した見解をもって人間と接してほしいね。例えば歯医者さんみたいに虫歯があったら治すみたいに、歯かガタガタだったら矯正するみたいに、要らない歯があったら抜くみたいにわかりやすく。

やっぱり転職先もコネだから同じような仕事なんだけど、正しいことなんかないんだから人の人生を狂わせない程度に、偏った見方をしていくしかないのかもしれない、二年間働いてきてわかったのはある一方では正しいことはある一方では正しくないみたいなことしかないってこと。ほんとうにbadbadnotgood

なんだけど転職も決まって遊んでばかりいられないね。

 

心はきっと本物の

24歳独身OLになりました、pajamajpです。24歳、もう大人だ!けど頭の中はずっと4歳の頃から変わってないってわかる。

独身OLだから、結婚について考える。私は捨て犬とか捨て猫を拾いたいのだけど、動物の保護センターとかにいる捨てられた犬猫は独身だと引き取れないので、引き取るには結婚が必要。それくらいのモチベーションがある。

この前久しぶりにライブへ行った。

クラックラックスを聞きに行ったんだけど、個々人の技術はあるもののバンドは別に上手くなかった。高校の文化祭みたいにがんがん鳴っていた。曲はよかった。ライブするところは煙草が文化みたいだから、特別吸いたいわけじゃないけど煙草を吸った。煙草を吸う人同士では沈黙を気にせず話せるというのは便利。一緒に行った友だちが音楽評論家の弟子みたいな人だったから演者が同じテーブルにきて、「煙草一本くれない?」と言って去っていった。また違う人がきて、今かかってる曲とバンドについて、また次にあるライブについて話していた。私は煙草が久しぶり過ぎて、話を盗み聞きしすぎてぼんやりしていてフィルターが取れたので仕方なく2本目を吸う。

 煙越しにながめていてなんとなく、現実感ないね、って。

それはそうと最近はアマゾンプライムビデオでユーリを観ていて、みなさんの腐女子の血が騒ぐのがものすごくわかって良い、中学生の頃が懐かしいです。久しぶりにアニメイトへ行って、でもまだグッズはあまり何も作られてないのでがっかりして帰った。ユーリのグッズ枕元において寝たい。もう、24歳だけど。

ユーリ、昔、小学生の自分がピアノのコンクールに出ていたときを思い出す。あの緊張感と、ステージ上の全能感を。私は最近そういう震えるような興奮を味わう機会はもう、ないのだけれど、あの感覚を覚えることができることってこの先あるのだろうか、あるとしたら一体、何で…?でもユーリは私と同い年なのに全然まだまだ金メダル取る気持ちがあるのすごいので私も24歳は金メダル取る気持ちで生きていきたい。銀メダルしか取れなくても、何かについて知っていきたい、例えば愛とか。

こんばんはpajamajpです。

これと言ってみなさんに報告することがないのは、ただ生きているだけの平日と、動物園へ行ったり落語を聴いたり図書館に行ったりする終わってほしくない休日が交互に来るのを茫然と時の過ぎゆくままに眺めているだけの毎日だからです。なにか心が動かされるようなそういう体験は良くも悪くもめっきり減って、よく言えば安定で、悪く言えば退屈を。もう何年も会ってなかった高校で付き合っていた相手から連絡がきて、適当におわらせたかったから渋谷の人間関係で会った。クラッシックの演奏家の仕事をしていて、同居してる女が結婚して子どもを産みたがっているという話を聞いた。もう4杯くらい飲んでいた。「変わらないね」と言われて「そうかもね」と返す。

仕事場がなくなるので新しい仕事を探すか異動するか考えなくてはいけない。けれども面倒くさくてやっていない。面倒くさいので、結局異動して適当にやっていくのだろう。新しい仕事、2017年に考えたい。

 

 

犬のお葬式

冠婚葬祭が人生のいたるところで顔を出し始めている。できれば正直一生出てきてほしくなかった。
昨日実家の犬が死んだ。母が犬と家にいたら突然歩けなくなってキューンと一鳴きして倒れた、と泣きながら電話が来た。小型犬で13歳。寿命ではあった。
一方そのころ私は池袋演芸場で落語を観ていた。ちょうど仲入りで電話を見たらかかってきていて、トイレに並ぶ人の列の横で泣きながら電話に出る。煙草を吸ってるおじさんたちが不思議そうに私をみていた。寄席に来て泣く人なんか滅多にいないのだろうな、と考えて少しおかしかったけど仕方ない。悲しいときは悲しいのだ。しかし犬が死んだからって今すぐ飛行機で実家に帰るわけにも行かず、デートの相手もいたのでとりあえず席に戻った。落語を聞いて笑うという気分じゃなかったけれど、何も考えることがないととにかく泣きそうだったので良かった。池袋演芸場は昼夜入れ替えもないし、ずっといても良いし、何していても良いのできっと泣いていても良いかな(?)。まあそう思ってみていたけどやっぱりおもしろいものはおもしろくて、昼の部トリの柳家小里んの落語を聴いていたらもうものすごくおもしろくて、さっきまで犬が死んで泣いてたのにこんなに笑ってる自分がおかしくてすごくおもしろくて笑ってるのにずっと泣いてた。やっぱり落語はおもしろいな。
母親は犬の死に立ち会って電話で大泣きだった。6月には父親が癌で手術していて今も治療中なのであって、生と死の間に突然置かれて疲れているだろう。犬は今日の9時から火葬されるらしい。さっきまでふわふわだった犬がただの骨になって出てくるの、私は、私は…。今日の9時には灰になってしまってもう触れることができないんだという思いとでももう死んじゃってるんだから焼こうが埋めようが関係ないという思いで複雑。でもやっぱり死は弔われてほしいと思うのは、生きている人の、私の、勝手なのだろうか。今日は犬のお葬式です。

冷たいコーンポタージュスープ

こんにちは、pajamajpです。このクソ暑くて蒸していてとっても不快な夏をみなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は月曜は休みだったので、ブラジリアンワックスと美容院に行きましたら、そこかしこでみなさん恋愛について語ってらしたのでなんかばかみたいでした。さながらつばめの繁殖期かと思うような浮ついたピヨピヨを聞かされて鬱屈とした思いで過ごしています。

外国の方と付き合うときには、「とにかく相手を王様にしてあげるの」「くだらないユーモアにも嘘でも大笑いしてあげて」「恋愛というゲームを楽しんで」とのことでした。文化が違うのだ。

電車の中ではなんか平日の昼なのにカップルの高校生が二人だけいておかしを与えあってて楽しそうだった。

その後美容院に行ったら、隣のお客さんはよくもまあそんなにたくさんお話できますねと思うくらい話が尽きなくて、街コンの男の話をすごく明るく話していた。美容院とはなぜかわからないけれど人が話すところなのだと思う。でもなぜ?私は今日の晩ごはんを考えていた。担当の人、彼女が8年いないのでどうしたら良いかみたいな話をしてきて、うんざりしたのでまず筋トレばっかやんないで街に出ることを提案した。担当の人は私が話さないことを知っているので、それ以上は話さなかった。新しく入ったアシスタントみたいな若い女の子、私の机に表紙にEXILEのどれかが写った雑誌を置いてきたので1ページも読めなかった。携帯の電池が切れそうで、なにもすることがなかった。今日の晩ごはんのことしか考えることがなかった。髪乾かしてくれた同級生くらいの男の子、がんばって話そうとしてきてて申し訳なかった。でもその後来たお客さん、元イケイケみたいなお姉さんが味噌とぬか漬けと梅干し作ってて毎日7時半就寝3時起きしてて「あたしやばくない?!」みたいな話してて最高だった。

どうでもいい人たちのどうでもいい会話に惑わされることはないけれど、例えば朝鳴いてるカラスがうるさくて気になって寝れないみたいに、うるさいので耳栓したいってことはある。しかもカラスはカーしか言わないけど人は私にわかる言葉で話すので頭に入ってきて大変になることも多い。

ふつうの人間は恋愛以外に考える事がないのかと思う。なんか私は恋愛以外のことも考えたいな、と思いながら結局今日はとうもろこしとたまねぎとじゃがいもでコーンポタージュを作ろうと考えたんだった。実際に作ったのだけど、コーンポタージュスープはとにかく裏ごしが大変で1時間かかったよ。



すべてを濡らして色を増すように

春、いろいろと思い出すところがある。調子悪いと伝えているけれど、実際のところこれ以上何も思い出したくないということでもあって。
しかし意図して何もせずにいても毎日物事は事故のように起こるもので意図せずしておかしなことに巻き込まれて行くのだった。

新しく職場に来た人が知り合いだったり昔の友人から連絡が来たりして事故的に人間がぶつかってくるのでやめてほしい。

それはそうと最近刺繍を始めました。布を糸で埋めていって自分の手作業が目に見える形で表れてくるというのはこんなにも気持ちの良い物なのか、と思う。人間の心は目に見えないし音楽だってそうだけど、今まで目に見えないものばかり扱っていてもう感覚としてどうにかするしかなかったのだけど、刺繍は目に見える。なんとすばらしいことでしょうね。あと一人でたのしいことやれるって気持が気負わなくて楽。糸と布のことだけ考えるだけ。
桜を見ていたら会社に遅れそうになっている。霧のような雨が降っていて、桜は雨が降っているときのほうが見やすいなと思う。晴れてるときは私には明るすぎる気がする。

f:id:pajamajp:20160405084748j:image