メンヘラの女のこはかわいい

友達に話したら気分が悪い、辛いなどと悪評をいただいた悪考察。

先月、あるメンヘラ同人誌を共同で出版したメンヘラの女の子の1人が飛び降りて自殺した。共同出版者は責任の無さと、周りからの言いがかりに怒っていたっけ。また、2chにもあがってニュースにもなっていたけれど、14歳の女の子がニコ生で生放送しながら飛び降りて死んだ。わりと界隈での知名度の高い人たちだったので、みんな驚いたり悲しんだりしていたし、私もそういうのの一人だった。インターネットでしか知らない人の死を悲しんでいる。メンヘラと呼ばれる女の子たちが実際に自殺する、ポストメンヘラ時代。
今までメンヘラと呼ばれていた、自傷行為や剤をSNSに投稿する女の子たちにとって自死という選択肢がより身近になった。「あの子は死んだんだ。世の中はつらい。じゃあ死ぬ?」みたいな。
ポストメンヘラ時代になったからって、急激に死ぬ人が多くなったようにはみえない。けれども確実に彼女たちのインターネットの中には死が、潜むようになったのではないか。なぜなら、本当にインターネットで死ねちゃうから。
上の人たちのアカウントやキャッシュは残っているみたい。見ようと思えばいつでも見れる状態にある。彼女たちはどうして自分が死ぬことになったのかを言い続けている。本当に、助けて欲しかったみたいだ。
亡くなった人のアカウントの管理というか、削除か存続
かみたいなところはorita akikoさんという人が中心に研究しているみたい。(参考:http://d.hatena.ne.jp/oritako/touch)
絶対に必要になる情報処理だとは思う。
けれどもメンヘラの女の子が、彼氏がいたり人から求められたりしているのはやっぱりかわいいからなんだ。自分のことを絶対に必要としてくれる、自分にだけ助けを求めてくる、そういう女の子ってかわいくない?