人生相談室

試験に落ちてから就職活動をしていて、かれこれ2回目の面接になるんだけれども、一向に話がまとまらなくて、かつ盛り上がりもしないし、めちゃくちゃ神経を使う30分をただ過ごしに行くみたいなことになった。

きっかけが試験に落ちて就活してるからそのことを話さずにはいられないんだけど、向こうだって言い訳のように感じてる可能性が高いし、自分で話していてもなんか言い訳じみて聞こえる。そこまで「やりたい」仕事でないのにどうして必死になってこんな言い訳を話し続けているんだ?と自問すると、もうそこで終わり、面接終了です。もう言い訳ばっか言ってても意味ないしそういうことが言いたいんじゃないよなと思いながらクソみたいなことを言いつづけている。

今日行った会社は「絶対俺らが世界変えるぞ」みたいなところだったので、若干引き気味だった気がする。世界変えるの無理。平和に過ごしたい

思考停止。やりたいことないのになんで嘘みたいな志望動機並べ立ててんだ?

先人の教えを受けました。たしかに私はやりたいことのかけらもないけど、平和に生きていきたいというのは確実に望んでいるので、最小限のダメージに抑えられる仕事を探していくしかないよなあと感じた。

私の周りの人、特に学科の同じ人たちは将来なにになりたいかもう決めている人がかなり多くて、そういうのって当たり前だと思っていたけど、そうじゃないみたい。

 

先人の知見を聞いていて恋人に言われたことを思い出していた。

やりたいことやってなんぼだと思っていたけど、別に仕事以外にも幸せなことあるし、適当に過ごしたい気持ちがどんどん湧いて来た。

夜になって、結局相性とかもあるし、自分が向いてて楽にできる仕事探せばそれでええやんみたいなことになった。私みたいに頭のよくない人はどうやら何回も面接してどうにかするしかないらしい。

少し人と話がしたくなった。友達が明日からレンタカーで旅行に行くとのことで、すでに車を借りていたので、一時間くらいドライブした。楽しかった。