we will meet again

昨日は@15isredさんの成人のお誕生日だったのでプレゼントのお知らせとお祝いのメッセージを送った。成人式の話と、就職活動の話になった。「みんな交友関係が浅くて広いのすごい」と言い合っていた。いろんな人にいい顔ができないので、あまり友達が多くない。そういう風に自分のいいところばかり見せる器用な真似はできないのだよね、と。同窓会も就活の面接も、自分がいままでなにやってきたかを話し続けないといけないことにつらさがある。わたしの人生なんてべつに努力もなければ怠慢もないみたいな感じで、なんともなかったのに、それを盛りまくるのってやっぱり辛い作業だったよね。自分がなにやってきたかということについて、なにもやっていないのだから、嘘で固めてもっていくの大変。沼の上に土持ってるみたいな感じ。@15isredさんは「世間一般の会社はいかにも波乱万丈そうな人生体験を求めてらっしゃる。どんな人生を歩んできたかと、どんなことを考えて生きてきたかって大分違うね。」とおっしゃっていたのではあ、まったくそのとおりだなあと思っていた。私自身で思っていてもなかなか言葉にできなくて友達に「君はいったい何を悩んでるんや」みたいなことを問われたことも多々あったのだけれど、@15isredさん、わたしとよく似ているようで、痒い所に手が届くみたいな発言をよくしてくれる。よい成人を過ごしてほしい。

それはそうと、@15isredさんは北海道にお住まいということで、私も以前から興味があったこともあってそのうち行きたいと思っている。恋人も何年か北海道に住んでいたということだったけど、そのことに関しては何も話してもらえてない(なんというか、消したい記憶らしい)。北海道、私にとって約束の地という感じがある。ハワイやグアムには興味がないけれど、北海道の、あの乾いた地で人の温かさを感じたい、と思う。