面接と駅と国道一号線

朝から面接へ向かうために京王線に乗った。明大前で乗り換えて、上北沢でおりた。途中で道がわからなくなってその辺の人に聞いた。やさしかった。面接、最近では結構うまく話せることが多くなってきた。私みたいに普段からうまく話せないみたいな人、面接練習とかやっても意味ないと思うし、本番何回もこなすしかない。あと、以前受けてたところみたいに「あなたの論理は矛盾していて~」とか「あなたが実際に働くときの具体的なビジョンはあるんですか?!」とか聞かれるのはどんなに慣れても無理だし、それは就職活動する場所を間違ってたのだなという感じはする。

 

人生相談室 - 骨で聴く.com

 

いまはまあ、面接で聞かれるであろうこととか、ストレスの解消法みたいなの、面接でよく聞かれる。

好きな駅はどこかと聞かれたので東小金井駅田園調布駅と、あとモノレールもいいですね~とか話した。どういうところが魅力なんですか、とも聞かれたので、「人を繋ぐ場所であるというところです」みたいなドラマティックな回答して、深いね~なんて言われた。なんでこれ聞かれるのか全然わからなかった)さっき聞いたけど、ストレス解消術の質問の答えとしてウケがいいのはは人と話すことみたいなのらしい。まあでも、駅を見るっていう趣味の人、なかなかいないし、話のネタにはなる。あと、人と話しても問題は解決することあるけどストレスは特に解消しない。

 

面接が早く終わったので、渋谷で暇をつぶした。雨が降ってたので傘と煙草買った。suicaが使えるクロワッサンの店に入ってクロワッサンを食べて、やっぱり好きじゃないことを再認した。ハムレットを読んだ。1時間くらいそこにいて、@teenstと会った。恵比寿で待ち合せたので移動しようと思ったら、茶色い山手線がいたので釣られて逆方向に乗って一度原宿に行った。また戻って恵比寿に行った。

もう雨は止んでいたので歩いた。ビルと道路を見た。高級住宅街には特に憧れがないけど、気分のいい場所に住めるのはいいと思った。国道1号線の車線が多くて曲がるのが大変そうだった。駅に行って路線図の前で雑談して、麻布にラーメン食べに行った。最近冬だからか痩せてきてひもじいので大盛りにした。帰る前に中目黒にコーヒー飲みに行くことにした。日比谷線は中目黒に行くところに醍醐味があるということがわかった。ぜひみなさんも日比谷線は中目黒まで先頭車両にかぶりつきで乗ってほしい。コーヒー飲みながら雑談した。@teenstと@pajamajp話しててすごいたのしいけどなんの生産性もないよねという話をした。@teenstと、恋人よりも多く会ってて、なんやねんって思うけど、親身になって話聞いてくれるので最近のコミュニケーション不足というか、人と会いたくなさ・だるさみたいなの少しは改善されたような気がする。@teenstは親身になって相談に乗った女性たちが、その相談を受けてほかの男とうまくやっていくのを指して、「俺は養殖業者じゃないんや」って言っていたのがおもしろかった。

今日散歩してるときにいろんな人がいた。すまし顔のお金持ちの女の子とか、工事中のマンションで遊ぶ小学生とか、国道一号線でタクシーに乗り込む普通の二十代女性とか、ゲイカップルとか、六本木のレストランで本物の女子会をする女性たちとか、コンビニの前で座ってるみっともない大学生とか、なんかいろんな人がいるなあと、それぞれの生活について思いを巡らせていた。就活、自分をどうするかみたいなの延々と考え続けてて、ほかの人に構ってる余裕なかったんだけど、ふと外をみればいろんな人がいて、ああこういう生活もあるんだなということがすぐにわかる。別に好きに生きればいいけど、こうしないといけないということに縛られる必要はないよな、とも思う。いいくらし、多少のあこがれはあるけど、私は駅とか道とかを見て喜ぶような卑しい気持ちを、忘れずに生きていきたい。それで私は駅みたいな存在になりたいってことをずっと思っていたいと今日は思った。