怠い

無い夏休みを謳歌しています。心は365日が夏休み。仕事が終わって職場を出ると、仕事については全部忘れて自由律俳句を考える日々よ。
昨日1時まで飲酒していて冷房をつけっぱなしで寝た。今日5時に目覚めたら覚醒レベルがものすごく高くかった。無意識に今日会社に行ったらどの順番でなにをするかを考えていたので舌打ちした。時間があったのでもう一度眠る。
夏というのは本当に、あの肌のべたべたした感じとか人の制汗剤の匂いとか電車で触れる人の半袖から出た腕とか足に熱がこもる感じとか全部気持ち悪い。22回も夏が来てるけど一向に慣れる気配なし。いや、私は22回しか夏を経験していないのか。とりあえず海に行ったりプール行ったりアイス食べたりして気を紛らわせるしかない。
昨日、今の仕事いつまで続けるのだろうか、という話になった。たとえば何年か働いて辞めたとして、どういう仕事に就けば自分が満足なのかまるで見当がつかない。なぜならどのようなことに対しても熱意というのがまるで無いから。私には本気というのが無いので、「本気でやってるのか?」と聞かれたら「いいえ」という気持ちで「はい」というしかないのだ。また仕事のことを考えている(ここでまた舌打ちをする)。