宇宙に放り出されたよ

地獄の7連勤を経て、昨日まで2日間の暇を出されていたけどベッドにいたら一瞬で終わった。疲れすぎて熱が出て、気持ちもどうにも動かないのでドラクエ7ばかりやっていて、プレイ時間だけが増えていくのをただただ見つめていた。
7連勤の後ろ3日間は千葉に幽閉されていた。研修という名のやる気のある人たちに扱かれる会で私はないやる気をつつかれてその周りまで抉り取られてしまったのでこんな無気力状態になってしまったのだった。まあやる気出してがんばれみたいなのはわかるんだけど、私にはそういう能力が欠陥しているのではないかと思うほどできないのでなんかやる気ないけどがむしゃらに気を使いまくることしかできなかった。そうはいってもやる気をつつかれるのは1日のはじめと終わりだけで、その間の気を使って動きまくっている私はまるで宇宙空間に放り出されたようにとにかく放っておかれていたので承認もなければ対話もないし説得もなかったのでおかしくなりそうだった。夜は夜で怖い上司と同室で、私がこそこそ泣いてたら見つかって号泣するはめになった。
偉い人たちの言うことはわかるのだけど、それは私に求めることができるものなのだろうか。熱意とかやる気とかっていうのがそもそも能力としてないものを、ほじくりまわされたところで、私から出ていくものはあるのだろうか。

しかしこういう、大変アピールとか同情買う芸ってダサくはあるけど、私がいま肩がこって痛いとか熱が出るとか前より格段に楽しくないとかそういうことは事実だから痛いねかわいそうだねたいへんだねがんばってるねと承認してくれさえすればそれでいいんですね。