心はきっと本物の

24歳独身OLになりました、pajamajpです。24歳、もう大人だ!けど頭の中はずっと4歳の頃から変わってないってわかる。

独身OLだから、結婚について考える。私は捨て犬とか捨て猫を拾いたいのだけど、動物の保護センターとかにいる捨てられた犬猫は独身だと引き取れないので、引き取るには結婚が必要。それくらいのモチベーションがある。

この前久しぶりにライブへ行った。

クラックラックスを聞きに行ったんだけど、個々人の技術はあるもののバンドは別に上手くなかった。高校の文化祭みたいにがんがん鳴っていた。曲はよかった。ライブするところは煙草が文化みたいだから、特別吸いたいわけじゃないけど煙草を吸った。煙草を吸う人同士では沈黙を気にせず話せるというのは便利。一緒に行った友だちが音楽評論家の弟子みたいな人だったから演者が同じテーブルにきて、「煙草一本くれない?」と言って去っていった。また違う人がきて、今かかってる曲とバンドについて、また次にあるライブについて話していた。私は煙草が久しぶり過ぎて、話を盗み聞きしすぎてぼんやりしていてフィルターが取れたので仕方なく2本目を吸う。

 煙越しにながめていてなんとなく、現実感ないね、って。

それはそうと最近はアマゾンプライムビデオでユーリを観ていて、みなさんの腐女子の血が騒ぐのがものすごくわかって良い、中学生の頃が懐かしいです。久しぶりにアニメイトへ行って、でもまだグッズはあまり何も作られてないのでがっかりして帰った。ユーリのグッズ枕元において寝たい。もう、24歳だけど。

ユーリ、昔、小学生の自分がピアノのコンクールに出ていたときを思い出す。あの緊張感と、ステージ上の全能感を。私は最近そういう震えるような興奮を味わう機会はもう、ないのだけれど、あの感覚を覚えることができることってこの先あるのだろうか、あるとしたら一体、何で…?でもユーリは私と同い年なのに全然まだまだ金メダル取る気持ちがあるのすごいので私も24歳は金メダル取る気持ちで生きていきたい。銀メダルしか取れなくても、何かについて知っていきたい、例えば愛とか。