Choose Your Weapon

25歳になったpajamajpです。昨日から漠然とした不安感に苛まれていて、理由はいろいろ、わかってるのだけど向き合わないでいることのストレスでしょうね。出だしから調子わるいね。 

25歳、なったからといって別段なんの感想もないです。自分が歳をとることに対して全く抵抗ないけど体の不調は多くなった。まあ25年も使ってればこわれてくるのは当たり前か、病院は休みが潰れるので行きたくないけど、こわれてきたら治さないといけないよね。

このまえ会った子どもが「もしかしたらタクシーは空を飛ぶかもしれない、あなたがおばあちゃんになった時に」と話してきた。自分より20歳くらい若い人間にそんなことを言われて、気が遠くなるような未来を想像して心が乱れた。タクシーが飛ぶかもしれない日まで毎日を過ごし続けるなんて、その間にどんな辛い日が待っているかわからないというのに。老いていくのはいいんだけど、私が老人になってもこんな調子で不安がっていたら本当に自分の人生に辟易しちゃうだろうな。

 「自分の人生を選んで」と書かれたバースデーカードを友人にもらったのだけど、はじめはいまいちピンときていなかった、というか意味がわからなかった。なぜなら私は今までも自分の人生は自分で決める、これからもそうであることに全く変わりはなかったから。そうだしかし今はどうか?思えば人のことばっかり気にすることにかまけて自分をおろそかにしているんだった。私は普段人の言うことぜんぜん聞かないけど、気づきを促す私だけに向けられた言葉に対してはとっても心を惹かれて、その言葉を何度も反芻するのでした。

恋人は誕生日プレゼントをくれなかった、それかまだくれていないのかもしれない。本当はプレゼントもらいたいけど自分から言ったらおかしいから黙ってる。恋人と私が上手く行っていないのではないかという噂もインターネットであったとまた別の友人から聞いたけれど、そういうわけじゃない。ただ、インターネットに心の乱れを書いているだけ、心配しないでね。

 

(あとこれは言うかまよったけど)追記:

私が生殖やジェンダーに呪われているという言説があって、はやく解放されてほしいとの要望を受けています。しかし生殖やジェンダーに仮に呪われていたとしてもじつは私はそれに顔から突っ込んでいく人間で、解放を望んでいるかと言われるとそうでもなくて。私の仕事、生殖等に関係していて、私はそもそもの生殖は反対だけれども、その結果生まれてきた人間たちについてはどんな人間であっても深く愛していて、それをやめることはできないのです。じゃあ文句を言わずに働けよってのもあると思うけど私が職場に文句があるのは別れた元婚約者のコンドームに穴あけようとする職場の人間にであるのよね。

ジェンダーについてはこの身体が続く限り呪われ続けるだろうという自覚がある。@_ynkさんが、自身のことを何かの折に「女の容器に入っている」と表現してたのがまさにそうで、私はただ女の容器に入っているだけなのに不利益を被ることが多すぎた、また自分の容器に対しての大きな不満を抱えているので、義体になれば解消すると思います。

Choose Your Weapon (Japan Version)

Choose Your Weapon (Japan Version)

  • Hiatus Kaiyote
  • R&B/ソウル
  • ¥1600